2021.05.27

森保ジャパン長期連戦の見どころ。A代表は南野&鎌田、五輪代表はGK

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

福田正博 フットボール原論

■サッカー日本代表は異例の長期連戦だ。5月28日からA代表はW杯予選と親善試合が何と5試合、U-24代表も親善試合を2試合行なう。A代表はW杯本番を見据えて、U-24代表は五輪本番を前に、それぞれチームづくりの大切な時期を迎えた。福田正博氏に今回の両チームの見どころを聞いた。

前線の南野拓実&鎌田大地のコンビネーションに注目だ前線の南野拓実&鎌田大地のコンビネーションに注目だ この記事に関連する写真を見る  日本代表とU-24日本代表にとって、大事な時間が始まると言っていいだろう。

 日本代表は5月28日にミャンマー、6月7日にタジキスタン、15日にキルギスとW杯アジア2次予選を行なう。サッカーは番狂わせが起こりやすいスポーツで、『勝負に絶対はない』とは言うものの、今回ばかりは対戦相手の実力を考えれば、日本代表の勝利は揺るがないはずだ。

 また、この期間中に予定される6月3日のジャマイカ、6月11日のセルビアとの国際親善試合も含めて、チームにとってはキルギス戦までの約20日あまりの時間はとても貴重なものだ。

 平時ならば、代表活動のためにこれほどまとまった時間をつくるのは難しい。今回の時間を、来年のW杯本大会に向けた代表のチーム強化のために有意義に使ってもらいたい。

 ミャンマー戦は、シーズンが終わっている海外組だけで臨み、国内組はジャマイカ戦前から合流する。そのなかで、森保監一督が選手たちのコンディションをどう合わせていくのかは興味深い国内組はシーズン真っ只中でコンディション面の心配はないが、海外組は全員が同じコンディションにあるわけではない。

 鎌田大地(フランクフルト)のようにリーグ戦に常時出場して緊張感の高いシーズンを送った選手もいれば、大迫勇也(ブレーメン)のようにクラブで出番の少なかった選手もいる。そこを考慮しながら、どう揃えていくのか。こうした問題は来年のW杯前にも起きることなので、森保監督をはじめとする首脳陣にとっては、本大会を見据えた予行演習になるのではないだろうか。