2021.03.10

W杯2次予選で日本代表に呼ばれる国内組「オーバー24」は誰か?

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by Getty Images

 3月30日にワールドカップ2次予選のモンゴル戦を控える森保ジャパン。25日に予定されていたミャンマー戦は延期となったが、実現すれば昨年11月以来(オーストリアでのメキシコ戦)、日本国内では実に2019年11月19日のベネズエラ戦以来の日本代表戦になる。

 とはいえ、現在も世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、ヨーロッパでプレーする選手を招集できるか否かは依然として不透明な状況だ。しかも今回は、東京五輪を目指すU−24代表の活動(3月26日&29日/vsU-24アルゼンチン戦)も同時に行なわれる。同代表とA代表を率いる森保一兼任監督にとっては、国内組だけで2チームを編成するという難しい選択を強いられそうだ。

セレッソ清武弘嗣の代表復帰はあるかセレッソ清武弘嗣の代表復帰はあるか  東京五輪世代のアンダー24(U−24)代表の対象は、1997年1月1日生まれ以降の選手。つまり、単純に年齢で2チームを分けて編成した場合、今回のモンゴル戦でA代表の対象になるのは、国内でプレーするオーバー24、1996年12月31日生まれ以前の選手ということになる。

 現状、森保監督はA代表とU−24代表で同じ選手を併用させる案も想定しているようだが、いずれにしても、A代表の多くはオーバー24で占められることになるだろう。

 では、国内組のオーバー24でA代表を編成する場合、いったい誰が名を連ねるのか? あらためて招集が予想される候補選手を、基本布陣の4−2−3−1に沿って整理してみたい。

 まずGKのポジションだが、最近のJリーグでは外国人選手と若手の台頭が目立っているため、対象となる選手は限定的だ。

 そんななか、正GK候補筆頭になるのは、今季から国内復帰を果たした清水エスパルスの権田修一(32歳)か。そのほかにも、ガンバ大阪の東口順昭(34歳)、浦和レッズの西川周作(34歳)と、経験豊富なベテランが中心になりそうだ。