2020.10.24

「トルシエvs選手」という対立があっても、
日本代表が強くなれたわけ

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

「史上最強」と称された日本代表
――第3回

2000年アジアカップ。日本は圧倒的な強さを見せて2度目のアジア制覇を遂げた。当時、その代表チームは「史上最強」と称された。20年の時を経て今、その強さの秘密に迫る――。

◆第1回はこちら>>

◆第2回はこちら>>

 初戦からの2連勝で、グループリーグ通過ばかりか、首位通過が決まった日本は決勝トーナメントを見据え、3戦目のカタール戦では大きく先発メンバーを入れ替えた。

「(それまで出番がなかった選手も)みんな出られたのは、よかったんじゃないかな。といっても、オレは自分が出ることになったから納得いかなかったけど。しかも、フル出場だからね」

 名波浩が苦笑まじりにそう話したように、3試合連続で先発出場したのはキャプテンの森岡隆三の他、チーム最年長の名波のみだった。

 結果は1-1。日本は前半にして退場者(37分にDF海本慶治が2枚目のイエローカードを受けた)を出したうえ、先制点も許したが、慌てることなく同点に追いつき、「10人になったが、ひっくり返せそうなシーンもあった」(名波)。

 3連勝はならなかったものの、2勝1分けの無敗で準々決勝進出。総得点13、総失点3という、得失点差プラス10のオマケつきだった。

2000年アジアカップで日本を頂点に導いたフィリップ・トルシエ監督。REUTERS/AFLO 当時はフィリップ・トルシエが日本代表監督に就任し、すでに2年が経過していたが、「フラット3」を代名詞とする、このフランス人監督が志向するサッカーを懐疑的に見る向きは少なくなかった。

 しかし、周囲の雑音を封じ込めるように、この大会の日本代表は分厚い攻撃から、易々とゴールを量産した。