2020.06.14

W杯史上最多ファールは日本? 
Optaがツイートした試合を検証した

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 先頃、スポーツのデータ分析で知られるOptaが、公式ツイッター(@OptaJoe)上で、ワールドカップに関する"ある記録"についてつぶやいたことで話題となった。

 英語で記されたそのツイートは、日本語に訳すと、次のようなものだ。

<アルゼンチンのアリエル・オルテガは、日本から12回のファールを受けた。これは、1試合の記録としてはワールドカップ史上最多である。山口素弘と中西永輔のふたりは4回ずつファールしている。>

1998年フランスW杯の日本vsアルゼンチン。1試合におけるW杯史上最多ファールを受けたオルテガ(中央) 限られた文字数ゆえ、詳しくは説明していないが、ワールドカップでアルゼンチンと日本が対戦したのは、日本が初出場した1998年フランス大会での一度だけ。このツイートが指摘している試合が、同大会のグループリーグ第1戦、日本対アルゼンチンであることは間違いない。

 すなわち、日本の記念すべきワールドカップ初戦で、ワールドカップ史上最多のファール記録が生まれていたということになる。日本のメディアもこのツイートを引用し、22年の時を経て発覚した意外な事実を報じることとなった。

 とはいえ、かのアルゼンチン戦に懐かしさこそあれ、日本が手も足も出ずにファールを連発したとか、ラフな試合だったというような悪い記憶はない。