2020.06.15

久保建英の変化。「バルサ流」を
かなぐり捨てチームメイトを驚愕させた

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

東京五輪&パラリンピック
注目アスリート「覚醒の時」
第23回 サッカー・久保建英
王者を翻弄したJリーグ開幕戦(2019年)

 アスリートの「覚醒の時」――。

 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。

 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することがある。

 東京五輪での活躍が期待されるアスリートたちにとって、そのタイミングは果たしていつだったのか......。筆者が思う「その時」を紹介していく――。

***

2019年Jリーグ開幕戦、1年前とは別人のようだった久保建英(左) 2019年2月23日、等々力競技場。川崎フロンターレは、前年度覇者の威厳で、乗り込んできたFC東京を苦しめていた。圧倒的なボール回し。最前線では、小林悠がきわどいシュートを放った。

 だが、FC東京も「15番」を背負った小柄な選手がボールを持つと、空気が変わる。彼がタメを作って、劣勢を挽回。右サイドだけは輝いて見えた。

 久保建英、17歳。覚醒の瞬間だった。

 2019年1月の時点で、久保はサイドアタッカーとして5番手だった。ベンチにすら入らない。FC東京U-23要員だ。