2020.06.09

森保Jでスリル満点のベスト試合。
南野拓実ら全アタッカーが抜群の働き

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by AFLO

サッカー日本代表・心を揺さぶられたベストゲーム
第9回:
2018年10月16日 親善試合
日本4-3ウルグアイ

見る者の想いを背負い、世界トップクラスを目指して走りつづけてきたサッカー日本代表。その長い戦いのなかで、歴史を大きく動かした名勝負がある。このシリーズでは、各筆者がそれぞれの時代のベストゲームを紹介していく。

◆ ◆ ◆

 歴代の日本代表戦のなかで、このウルグアイ戦をベストゲームに挙げると、ちょっと眉をひそめられるかもしれない。ジョホールバルの奇跡やW杯での勝利などと比べると、歴史的な重みはまるで違う。そもそもこれは親善試合だった。

撃ち合いの末勝利した2018年ウルグアイ戦。日本のアタッカー陣への期待が一気に高まった ただし森保一監督の率いる代表チームにかぎって言えば、この一戦を観戦している時が、いちばん胸の高鳴りを感じた。なにしろ当時FIFAランク5位の相手(しかもほぼベストメンバーだった)と、激しい撃ち合いの末に勝利を収めたのだ。まぎれもなく、現代表における最高の試合だ(2019年アジアカップ準決勝のイラン戦も捨てがたいが、スリルという点ではこちらが上)。