2019.11.12

なでしこは東京五輪へポジション争い激化。
新参者CBが名乗りを上げた

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 先月のカナダとの国際親善試合(〇4-0)に続き、今度はMS&ADカップで急成長中の南アフリカと対戦したなでしこジャパンは、2-0で勝利をおさめた。

 南アは球際にしぶとく、ターンも鋭い。さらに、中央に入れてから左右サイド奥を活用するカウンターには定評のあるチームだ。

熊谷紗希の相方としてセンターバックを務めた土光真代日本がある程度ボールを保持することは予想されたが、「攻撃のビルドアップ改善」を掲げる現状で、なでしこジャパンは南アのパワーに混乱する場面もあった。ただ、マンマーク気味の南アの守備は、日本の攻撃陣にとっては好都合だったと言える。

 東京オリンピックの選手枠は18名。ここからの8カ月、毎回シビアな戦いになる。今年6月に開催されたワールドカップではケガ人が多数出て、ユーティリティプレーヤーの必要性を痛感した。もともと高倉麻子監督は、就任当時から複数のポジション兼務を求めてきたが、ここからオリンピックまで、その精度と組織力の向上が重要となってくる。

 南ア戦では、本来サイドハーフの遠藤純(日テレ・ベレーザ)が左サイドバックに入り、ボランチにはサイドバックの宮川麻都(日テレ・ベレーザ)が起用された。

 高倉監督はもちろん、先輩たちから「とにかく力を出し切ること」と、送り出された2人に対し、周りは献身的にサポートした。遠藤がひとつ前の長谷川唯(日テレ・ベレーザ)の動きに反応するように左サイドを駆け上がると、必然的に守備に穴ができる。そこを南アは狙ってくるため、カバーは不可欠だ。そのスペースを確実にケアしていたのが、初スタメンのセンターバック土光真代(どこう・まよ/日テレ・ベレーザ)だった。

 ベレーザのチームメイトで気心が知れていることもあり、「思い切って前に出ていいから」と、土光は遠藤の背中を押し、遠藤が上がっていくと、そのスペースを突かれないために最終ラインの上下でカバーした。

 そんな土光の代表キャップ数は、昨年7月にアメリカで開催された、トーナメント・オブ・ネイションズのブラジル戦で途中出場した「1」のみ。まだまだ”若手”なのだが、正直な感想は”まだ23歳”だったのかということになる。