2019.10.15

モンゴル代表の足下を支えた
関西スポーツ店とモンゴルリーガーの奮闘

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki

 それは、ひとりのモンゴルリーガーの思いつきから始まった。

「W杯予選で日本代表と試合をするモンゴル代表の選手に、良いスパイクを履いてプレーしてほしい――」

試合前日練習を埼玉スタジアムで行なうモンゴル代表 photo by Watanabe Takuya 渡邉卓矢は、タイやカンボジア、ネパールなどアジア各国でプレーし、現在はモンゴルリーグのAthletic 220 FCに所属するサッカー選手である。

 渡邉は、モンゴルの女子サッカー選手向けのクリニックを主催したり、日本で使ったスパイク、ウェアなどをアジア各国に送るボランティアを行なってもいる。

 そんな渡邉がモンゴルリーグでプレーするにあたって、困っていることがあった。

 スパイクが街で売られていないのだ。

 サッカーショップが存在せず、靴専門店にも置いていない。チームメイトに「どこでスパイクを買っているの?」と訊くと、代表クラスの選手であれば、海外遠征の際に現地のスポーツショップで購入することができるが、国内リーグの選手はモンゴル近隣の国で買った、粗悪なシューズでプレーしている選手も少なくないという。

 渡邉のチームメイトには、モンゴル代表選手が3名いる。彼らは10月10日に埼玉スタジアム2002で行なわれた、日本代表とのW杯予選のメンバーにも選ばれていた。「これもなにかの縁ではないか」。そう感じた渡邉は、京都紫光サッカークラブLadiesのマネージャーを務める、砂原浩二に連絡をとった。砂原は渡邉と共に、アジアの発展途上国にウェアやスパイク、ボールなどを送るボランティアをしており、モンゴルの女子選手たちにサッカー用具の支援も行なっている。

 砂原は、モリヤマスポーツに相談を持ちかけた。モリヤマスポーツは関西を中心に、サッカーやアウトドア、スキー用品の店舗を展開するスポーツショップだ。過去に渡邉と砂原がモンゴルの女子選手にサッカーシューズやウェアを送った際にも協力をしてくれており、今回も相談を持ちかけたところ、物品提供を快諾してくれたのだ。

 渡邉がモンゴル代表トレーナーの錦戸雅俊を通じてスパイク提供の話を持っていくと、全選手の足のサイズのリストが送られてきた。それをもとにモリヤマスポーツがアシックスの『DS LIGHT X-FLY 4』を用意。選手、コーチングスタッフの分も含めて51足。金額にして100万円相当のサポートである。