2019.06.12

「なでしこらしさ」はどこへ。
いま必要なのはスムーズな切り替えだ

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 なでしこジャパンにとって2大会ぶりの頂点を目指すFIFA女子ワールドカップが、アルゼンチンとの対戦で幕を開けた。初戦、何としても手にしたかった勝ち点3は痛恨のスコアレスドロー。終了のホイッスルが鳴った瞬間、両極端な光景が広がった。アルゼンチンの選手たちは勝利を手にしたかのように歓喜し、一方のなでしこたちは肩を落とす。

後半に入って出場した岩渕真奈だが、思うようなプレーはできなかった これほどまでにゴールは遠いのか――。主導権は完全に日本が握っていた。立ち上がりから右サイドを清水梨紗(日テレ・ベレーザ)が駆け上がり、何度も揺さぶりをかけた。左サイドも鮫島彩(INAC神戸)が効果的に攻撃に参加する。前半は両チームに硬さがあり、アルゼンチンの守備にもズレが生じやすかった。その時間帯に日本がゴールを奪えれば、あとの流れは違っていたかもしれない。

 しかし、アルゼンチンは緊張がほぐれてきてからも、ボックス内の守備をさらにガチガチに固めた。日本がバイタルエリアに侵入しようとすれば、最終ラインが一気に距離を詰めてくる。トップに入った菅澤優衣香(浦和レッズレディース)も、これだけ囲まれてしまうとキープが難しい。ボランチの三浦成美(日テレ・ベレーザ)もミドルシュートを狙うが、枠を捉えきれない。それだけアルゼンチンのプレスは速かった。

 日本はボールを回して何度も組み立て直したが、あくまでも”外堀”での動きであり、”本丸”を守る相手の守備ブロックは左右にスライドする程度で対応できてしまっていた。引いている相手の守備陣をロングボールでは崩せない。日本は相手DFを何とかボールに食いつかせようと揺さぶりをかけるも、その手には乗らないと持ち場を離れずに、組織的な守備を粘り強く続けるアルゼンチン。結局、なでしこは突破口を見つけることができないまま90分が過ぎてしまった。

 たしかに”ドン引き”していたアルゼンチンだったが、それも想定としていたのは途中交代で入った岩渕真奈(INAC神戸)だ。前日の練習後には「引いてきた相手をどう崩していくのかが大事になってくる」と語っていた。ケガ明け間もない岩渕も、ノーゴールに終わったことに悔しさを滲ませた。

「情けない。もっと個々が自信を持って相手をはがせればボールは回ったと思う」