2019.02.07

スペインの知将がアジア杯の大迫を
絶賛。「日本の戦術を動かしていた」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

ミケル・エチャリのベトナム戦レポートを読む>>

「フィジカルの強さで優位に立つイランに対し、日本は終始、頭を使って賢くプレーしていた」

 スペインの知将ミケル・エチャリ(72歳)は、アジアカップ準決勝で日本がイランを3-0で下した試合について、そう振り返っている。

「日本はボールを支配する時間を増やしながら、ラインをコンパクトに保って、敵が必要とするスペースを与えなかった。守備は常にカバーを意識。時間ごと、展開ごとのプレー判断もすばらしく、守備は堅牢で、後半途中からはカウンターも効果てきめんだった」

 アジアカップの日本をスカウティングしてきたエチャリは、イラン戦を絶賛している。

「大迫勇也(ブレーメン)という”薬の調合”が、すばらしく効いていた」

 そう説明したエチャリの真意とは――。

イラン戦で2ゴールを決めて存在感を示した大迫勇也「試合は慎重な立ち上がりになった。日本もイランも、決勝ラウンドに入ってから2試合連続で無失点。双方ともに、ディフェンスの安定を戦術の拠りどころにしてきただけのことはある。

 日本はこれまでと同様、4-2-3-1と4-4-2を攻守でマイナーチェンジさせる戦い方だった。ただ、大迫の存在がかなり大きく、前者で記すべきだろう。彼はこのチームのなかで、戦術的にとても重要な役割を担っている。

 一方、イランは4-1-4-1を組んできた。アンカーを配置し、中央の防備を固めたソリッドな陣形だ。1トップのサルダル・アズムンはカウンターの先鋒で、高さ、速さを兼ね備え、ポジションセンス、ボールスキルも高く、危険な選手に見えた。基本的に長いボールを前線に送り、フィジカルで圧倒。もしくはこぼれ球からショートカウンターを狙う作戦だった。