2019.01.10

看過できない点がある。森保Jの
アジア杯初戦は、まれに見る酷い試合

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 後半は相手の動きが落ちたこともあり、結果的に逆転できた。日本が世界的な強豪国と対戦するときには、逆の立場に立たされるのと同じように、内容的な劣勢を個の能力でひっくり返す形での3ゴールである。

 キャプテンのDF吉田麻也が語る。

「ミスも多く、失点して試合を難しくしてしまった。後半に改善して、何とか巻き返して、初戦で勝ち点3を取ってスタートできたことが、最も大きなポイントだった」

 収穫は勝ったことだけ。最近の日本代表戦を振り返っても、これに匹敵する酷い内容の試合を思い出すのは難しい。

 しかし、だからといって、それほど目くじら立てるような試合でもないだろうというのが、率直な印象だ。

 ワールドカップでのベスト8を目標にする日本にとって、すでに4度も優勝しているアジアカップは、勝って当然、負ければ失態。得るものより、失うものが大きい大会だ。前回大会までは、優勝すればコンフェデレーションズカップ出場という”ボーナス”が得られたが、それすらなくなった今、その位置づけはますます難しくなっている。アジアの盟主としての威信や名誉を守るというお題目だけをモチベーションにするのは、正直言って限界がある。

 実際、大会に向けての準備を見ても、ワールドカップと比べれば、本気度の違いは一目瞭然だ。

 ワールドカップの場合、大会初戦の1カ月ほど前から国内キャンプに入り、その後、時差調整も含めた海外キャンプを行ない、大会を迎えるのが通例だ。