2019.01.10

看過できない点がある。森保Jの
アジア杯初戦は、まれに見る酷い試合

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 現地時間15時キックオフのこの試合、西に傾き始めた太陽が、特に前半は、日本選手を真正面から照りつけた。

「暑さは思った以上だった。体が動かないなと思った」(MF冨安健洋)

 普段とは違う芝やボールが、思わぬミスを誘発した部分もあるだろう。

「ボールの失い方がよくなかった。ピッチやボールの感触が合っていないと思うときもあった」(冨安)

 その理由を探し始めれば、思い当たることはいくつもある。だが、とにもかくにも、酷い内容の試合だった。

不甲斐ない内容に、がっくりと肩を落とす吉田麻也 日本代表は、アジアカップのグループリーグ初戦でトルクメニスタンと対戦し、3-2で辛うじて勝利した。MF南野拓実が、ホッとした様子で語る。

「難しい試合展開だったが、勝てたことがすごく重要。それは本当によかった」

 何でもないショートパスをトラップしたボールが大きくはずむ。味方同士でパスの狙いが合わず、相手選手にパスしてしまう。日本は「細かいミス、イージーミスが多く、カウンターを何回か受けた」(南野)。

 そのうちのひとつが、トルクメニスタンの先制ゴールにつながった。確かに、MFアルスランミラト・アマノフが放ったミドルシュートは強烈だったが、ボールの失い方の悪さ、失ったあとの切り替えの遅さ、ボールへの寄せの緩さなど、日本のミスによる失点と言っていい。