2019.01.05

アジア杯は日本代表のここを見よ。
柴崎・遠藤の信頼性、大迫の代わりは?

  • text by Sportiva photo by Sano Miki

アジアカップの見方~杉山茂樹×浅田真樹(前編)

 森保ジャパンの発足以来、初めての公式大会となるアジア杯。メンバーが様変わりした日本代表の戦い方と見どころについて、サッカーライターの杉山茂樹氏と浅田真樹氏が語り合った。

日本代表を支える守備的MFとして期待がかかる遠藤航浅田 アジア杯の日本代表のメンバーを見て、一番の率直な印象は、若返ったなということです。出場資格のあったオリンピックごとに4年で世代分けをすると、リオ五輪世代ないし東京五輪世代が半分弱まできている。とくに中盤から前。中盤なんかは9人中5人がリオ五輪世代で1人が東京五輪世代なので、半分以上がリオ以降ということになる。加えて、その若い選手たちが、すでに半分ぐらいは海外クラブの所属になっているので、若くして海外に行く選手が多くなったんだなと思いました。

杉山 ケガ人を除けば順当といえば順当な人選なんでしょう。でも、もっと若返っちゃってもよかったかなという気もします。結構なベテランも入っているけど、なかには年齢的にどう見ても次のカタールW杯は無理だろうなという選手もいるじゃないですか。それだけ、今回のアジア杯で勝とうとしているんだろうけど。

浅田 ただ、W杯の半年後にアジア杯が行なわれるようなった過去2回、8年前のカタール大会と4年前のオーストラリア大会の日本は、比較的、直前のW杯の流れを引き継いで、同じようなメンバーで戦いました。4年前のハビエル・アギーレも、監督に就任した最初のころはずいぶんいろいろなメンバーを招集していたけど、アジア大会の本番では遠藤保仁や長谷部誠、岡崎慎司、本田圭佑といったブラジルW杯のメンバーを中心にして、しかもそれを固定して戦った。そういう意味では計算できるメンバーで戦ったわけですが、今回は違います。