2018.08.17

「ポスト・長谷部」は誰か?
ジュビロ・田口泰士はその有力候補だ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

「ポスト・遠藤保仁」――2014年夏、日本代表監督に就任したハビエル・アギーレに、田口はその候補のひとりとして指名されていた。

 ただ、同年10月のブラジル戦で先発出場したものの、その後は度重なるケガで調子を崩し、苦しい時期を過ごした。当時所属していたグランパスの降格や、J2でのシーズン、さらには移籍などもあって、次第に代表リストからその名前は消えていった。

 しかし、実力は申し分ない。今やジュビロでは、攻守において圧倒的な存在感を示している。

 田口は、どこか捉えどころのない性格の選手ではある。本田圭佑(メルボルン・ビクトリー/オーストラリア)、長友佑都(ガラタサライ/トルコ)、岡崎慎司(レスター/イングランド)らのように、「反骨心むき出しで成功する」というタイプではない。

「自分はそもそも、『プロになってやる!』と深いことは考えず、(軽い気持ちで)『県外に行ってみるか』とふらふら出てきた感じですから」

 5年前、初めてインタビューしたとき、田口は飄々(ひょうひょう)と答えている。

 沖縄県出身。千葉県の流通経済大柏高でのプレーが注目を浴び、グランパスに入団した。3シーズンはトップチームでほとんどプレーできていない。「なんくるないさ(※沖縄の方言でどうにかなるの意)」という、どこか流れに身を任せるところがあった。

 しかし話にのめり込むと、奥にある熱っぽさを露(あら)わにした。

「親には、『サッカーは好きで始めたんだから、やりたいようにやれ』と言われてきました。自分は、やっぱりサッカーが楽しいんでしょうね。