2018.06.22

ついに香川真司が自信マンマンだ。
「僕は責任感を持ってやってきた」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by JMPA

 コロンビア戦の前半3分。PKを獲得してキックに向かうとき、香川真司の表情は自信たっぷりだった。

 ボールを抱えて離さず、審判とコロンビアの選手のやりとりを眺めている。そして笑みさえ浮かべながら、相手GKダビド・オスピナと会話をかわす。ペナルティスポットに置いたボールの位置がずれていると相手選手に指摘され、審判に修正を求められると、何やら文句を言いながら、それに従った。

 細かなステップで助走し、GKとの間合いを測りながら右足で蹴り込んだキックは、日本にとって、そして香川自身にとっても待望の先制点となった。コーナーフラッグの近くに膝で滑り込んで喜びを爆発させた。おなじみのポーズにチームメイトが続いた。

「先制点はすごく大事だと思う。それしか頭になかったので、やっぱり喜びの感情は出ました」

 試合後、「すごく喜んでいたようだったけど?」と指摘されると、「そうですね、もうちょっと落ち着いたほうがいいんじゃないかとは思いますけど。本当に大事なスタートだったので、よかったなと思います」と、少しはにかみながら答えた。

合宿地カザンでのトレーニングでも笑顔が目立つ香川真司 香川が自信を取り戻しつつあるように見えたのは、昨年12月ごろだった。

 この4年間の香川を振り返ると、2014年6月にブラジルW杯で惨敗を喫したあと、9月にはマンチェスター・ユナイテッドからドルトムントに出戻っている。ドルトムントはそのシーズンでユルゲン・クロップ時代が終焉を迎え、2015~16シーズンからトーマス・トゥヘルが指揮をとるようになった。