2018.05.11

超攻撃F・マリノスで覚醒の
「和製ロベカル」を西野ジャパンにどうか

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

日本代表・西野朗新監督に推薦
W杯メンバーにオススメの「新戦力」(3)
山中亮輔(横浜F・マリノス/DF)

(2)はこちら>>
 監督が変われば、サッカーも変わる。当たり前のこととはいえ、今季の横浜F・マリノスはその変化が極端だ。

 新たにアンジェ・ポステコグルー監督が就任した横浜FMは今季、GKまでもがビルドアップに加わる徹底したポゼッション・サッカーに挑んでいる。昨季までチームを率いたエリク・モンバエルツ監督が、シンプルにラインを越えて(ボールを前に運んで)いこうとしていたのに比べると、かなり”キャラが立った”サッカーである。

 J1第13節を終了して15位に低迷していることもあり、極端にポゼッションに偏ったサッカーには懐疑的な見方もあるだろうが、極端さはある意味、画期的であり、その挑戦は興味深い。

 そんなポゼッション志向を強める横浜FMにあって、才能を開花させている選手がいる。左サイドバックを務めるDF山中亮輔だ。

F・マリノスで難易度の高い仕事をこなしている山中亮輔 ポステコグルー流のポゼッション・サッカーにおいて、”キャラの強さ”がとりわけ顕著に表れるのがサイドバックである。

 ライン際を上下動し、サイド攻撃に加わるのはもちろんのこと、頻繁にボランチの位置(DFライン前方の中央に近い位置)にポジションを移し、ビルドアップにも積極的に加わる。”ペップ”・グアルディオラ監督時代のバイエルン・ミュンヘンのごとく、サイドバックに多彩な役割が求められるのだ。