2017.12.11

辛口なハリルも絶賛。「Jリーグ選抜」代表で
GK中村航輔が好セーブ

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 早草紀子●撮影 photo by Hayakusa Noriko

 おおよそ、Jリーグ選抜とも呼べるようなメンバー構成だった。

 12月9日に味の素スタジアムで行なわれた「EAFF E-1サッカー選手権」第1戦の北朝鮮戦。先日表彰された今季のJリーグベストイレブンが5人スタメンに名を連ね、90試合のMF今野泰幸(ガンバ大阪)をのぞけば、通算キャップ数が10試合に満たない選手たちばかり。これまでの主軸をなしてきた欧州組を招集できない状況のなか、この大会をワールドカップに向けた強化試合と位置づけるのは、ほとんど不可能だろう。

将来の守護神として期待される22歳のGK中村航輔 準備期間もほどほどの、いわば寄せ集めのチームに多くを望むのは難しい。こうした試合では個々のアピールが期待されるが、いかんせん連係すらままならない状況下ではポジティブなプレーを見せることさえ困難だ。

 たとえば1トップとして出場したFW金崎夢生(鹿島アントラーズ)は、中央でボールを受けようとしてもサポートが足りずに失う機会が目立ち、次第にサイドに流れて強引な突破を繰り返す。センターバックのDF昌子源(鹿島アントラーズ)もサイドバックとの連係不足を露呈し、1対1の状況に持ち込まれる場面が目についた。

 ワールドカップのメンバー入りに向けて、選手たちも絶好のアピールの機会として意気込んでいたはずだが、味方との距離感、あるいはあうんの呼吸といったものが備わらなければ、持てる力を示すことなどできないのだ。