2017.12.11

東京五輪代表に残るのは誰か。
森保ジャパンのサバイバルが始まった

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi
  • photo by Getty Images

 キャプテンマークを巻いたMF神谷優太(湘南ベルマーレ)が両手で顔を覆い、ディフェンスラインを束ねたDF庄司朋乃也(しょうじ・ほのや/ツエーゲン金沢)が天を仰ぐ。

 2時間前、希望と野心とほどよい緊張感に包まれていた選手たちは、思い描いていたのとは異なる感情で、試合終了を告げるホイッスルを聞いた。

この中から何人が森保ジャパンのコアメンバーとして残るのか ハリルジャパンが北朝鮮を1−0で下した約45分後、タイのブリーラムで森保一監督率いるU−20日本代表が初陣に臨んだ。

 タイ、北朝鮮、日本(以上グループA)、ベトナム、ミャンマー、ウズベキスタン(以上グループB)の世代別代表が集結したM−150カップ。地元タイとの初戦は49分にGK大迫敬介(サンフレッチェ広島ユース)のキャッチミスによって先制され、3分後に神谷のミドルシュートで追いついたものの、64分にアーリークロスから相手選手に抜け出され、1−2で敗れた。

 森保ジャパンは2年半後の東京五輪に出場する、いわゆる五輪代表チームである。

 このあと、年明け1月に中国で開催されるU−23アジア選手権に参戦し、同年8月にはジャカルタ・アジア大会に出場。2020年にはふたたびU−23アジア選手権(兼東京五輪アジア最終予選)を戦い、東京五輪を迎えるという大きな流れは、2016年のリオ五輪に出場した手倉森ジャパンと変わらない。