福田正博が分析するW杯H組。
厳しいが、2勝1分か1勝2分は可能だ

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

 また、グループFで韓国と戦うドイツを仮想ポーランドと考えて試合ができればさらにいいだろう。勝てないまでも善戦すれば自信になり、逆に完膚なきまでに叩きのめされたとしても、チームに危機感を持たせることができる。大敗して日本が意気消沈してしまう可能性ももちろんあるが、見方を変えれば、同グループの国々が「日本は与(くみ)しやすい」と油断してくれる可能性もある。

 日本以外の3カ国にとって、日本との対戦は「格下から勝ち点3を奪うことが必須の試合」となる。しかし、日本戦に照準を合わせてシステムや選手を変更するとは思えない。自分たちのいつも通りのパフォーマンスを発揮すれば、「日本には勝てる」という考えがあるはずだ。であれば、強豪に正面からぶつかっていくのではなく、そのスキを突いてほしい。

 勝つ可能性を少しでも上げる方法を探り、粘り強く戦うために、残り7カ月でさまざまな策を講じてもらいたい。

◆ハリルJ「初招集の24歳」、パンチ力ある右ウィングは救世主になるか?>>

◆困ったぞ、ハリル。ポーランドは弱点をテコ入れ、監督も人格者だった>>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る