スペインの知将がW杯予選の
日本を分析。「心配する必要はない」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Fujita Masato

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は後半、さらにオフェンシブなキャラクターにチームを変えたかったのだろう。大島僚太を下げ、ボールを前に持ち運べる原口元気を投入したのはその狙いに違いない。その効果は確実にあった。

 しかし最善の交代策だったのか? 相手が疲弊する中、FW岡崎慎司はそのままプレーさせ、もう1人FWを投入すべきだったかもしれない。ツートップにして得点力を高めるべきだった」

 エチャリはそう言って締めくくった。彼の指摘は、驚きはないかもしれないが、道理が通っている。その点、本物の識者だけに、現状把握の裏付けとなるのではないか。日本は負けるような試合をしていないが、負けるだけの要素もあったということだろう。

 そして名伯楽はこう言い添えている。

「この世界に生きている人間として、一つだけ断っておきたい。それは試合後にコメントすることはとても簡単なこと。日本の戦いはそこまで悪くはないし、心配する必要もない。守備面の欠点を修正していくことで、十分にアジア予選を勝ち抜けるチームである」
(日本対タイ戦レポートへつづく)

■サッカー代表記事一覧>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る