2015.08.28

予選2戦を前に早くも予防線。ハリルホジッチ、今回の「言い訳」

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

 9月に行なわれるW杯アジア2次予選2試合(9月3日vsカンボジア/埼玉、9月8日vsアフガニスタン/イラン)に臨む、日本代表メンバーが発表された。

 最大のサプライズは、GK川島永嗣の落選だろう。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は川島について、「まだ自分のクラブを探すことができていない。できるだけ早く見つけてほしい」と語り、「国内でいいプレイを見せている」選手を優先して選んだことを明かした。

 海外組であろうと、従来の主力メンバーであろうと、所属クラブで出場機会を得られていないものは、選ばない。そんな方針がはっきりと見えた選考である。最近の日本代表には、海外組を無条件に優先するかのような、やや硬直化した選考が見られただけに、ようやく当たり前の"競争"が持ち込まれたことは歓迎すべきことだ。

日本代表メンバー発表会見に臨んだハリルホジッチ監督。 しかし、その一方で、今回のメンバー発表の場でハリルホジッチ監督の話を聞いていて、気になる点も多かった。

 まずひとつは、このところの4試合でアジア勢を相手に勝てていないことを受けて、早くも予防線を張るような様子がうかがえたことだ。

 ハリルホジッチ監督は、カンボジア戦では「シンガポール戦(0-0)と同じことを繰り返したくない」とし、「今回は戦術面のトレーニングしかしない。いろんなことを修正したい」と言いながら、こう語る。

「(試合までの実質)2回のトレーニングではどこまでできるかわからない」