2015.08.06

韓国戦ドローも内容は最悪。ハリルホジッチが壊す日本の土台

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Fujita Masato

 これはマズい。結果は1-1の引き分けだが、ボクシングにたとえれば大差の判定負けだ。パンチがヒットしたのは山口蛍の一発のみ。それ以外、有効打はほとんどなかった。

 近年まれに見る酷い内容。いや近年ではない。過去10年、記憶に刻まれる限りにおいて、これ以上、鑑賞に耐え難いサッカーを僕は日本代表の試合で見たことがない。

韓国にドロー。試合中、困惑したような表情を浮かべるハリルホジッチ監督 何と言っても見映えが悪い。悪すぎる。サッカーが汚い。汚すぎるのだ。"集団美"ゼロ。つまり無秩序でバラバラ。この日もまたハリルホジッチは、コンディション、フィジカル面を苦戦の理由に挙げたが、根本的な問題がそこにないことは明らかだ。指導力の問題がそれを大きく上回っていた。

「このチームの監督、誰?」。第三者がこの試合を見たら、半分呆れながらそう言い出すに違いない。やればやるほど悪化する。そんな感じだ。

 従来から日本代表について、何かにつけ批判というか、突っ込みを入れさせてもらってきたが、いま思えば、それは重箱の隅を突っつくような行為だった。もう少しここを改善すれば良くなるはず。ディテールにこだわる類の批判だった。

 この日のサッカーに比べれば、いずれも大合格。いまは過去より、ほぼ全てが悪く見える。日本代表のサッカーは突如、劇的に悪化してしまった。