2015.08.05

東アジアカップ2連敗。チャレンジなでしこに必要な「本当の強さ」とは

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

「実力は拮抗している」(佐々木則夫監督)と、初戦の北朝鮮戦から9名を入れ替えて臨んだ韓国との第2戦は、先手を取るも終了間際に逆転を喫し、1-2で敗戦。この2連敗で、優勝の可能性が早々と消えた。

後半途中から出場した今大会キャプテンを務める川村優理 GK山下杏也加、DF村松智子(ともに日テレ・ベレーザ)、右サイドハーフの柴田華絵(浦和レッズL)ら初出場組だけでなく、ゲームキャプテンを務めた田中明日菜(INAC神戸)以外は一桁の出場経験はあっても、フル代表でAFCの5強(日本を含む北朝鮮、韓国、中国、オーストラリア)の一角との対戦経験がほぼない真新しいメンバーが揃えられた。相手の当たりや、スピードだけでなく、緊張、プレッシャーも加わり、ピッチ上のあちらこちらで普段では考えられない事態が起こっていた。

 6分には村松がイージーなミスで最終ラインからボールを奪われ、あわやゴールを許す危険な場面に陥れば、ボランチを担った猶本光(浦和レッズL)はボールが足元につかず、パスミスを連発。全くといっていいほど、連動性を生み出せないでいた前半を救ったのは30分、左CKからのこぼれ球をゴールエリア外から豪快に決めた中島依美(INAC神戸)のゴールだった。

 これで何とか立て直したい日本だったが、54分にパスカットからチョ・ソヒョンにカウンターを決められて同点にされる。そして終了間際のロスタイム。チョン・ガウルの鮮やかなゴールに日本は撃沈した。