2015.06.20

日本代表のエースへ。宇佐美貴史が本気になった瞬間

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • 益田佑一●撮影 photo by Masuda Yuichi

6月特集 ブラジルW杯から1年 ~日本代表と世界はどう変わったのか?~(8)

 2018年ロシアW杯の出場権をかけたアジア2次予選。その初戦は、シンガポール戦(6月16日/0-0)だった。

 スタメンがピッチで肩を組み、国歌を歌い、気持ちをたかぶらせる。日本代表としてW杯予選を戦う――宇佐美貴史は、この瞬間をどれだけ待ち望んでいたことだろう。

日本代表、次代のエースとして期待される宇佐美貴史。 一年前、宇佐美はブラジルW杯を、テレビ画面を通して見ていた。ブラジルW杯メンバーに入るべく、年明けから入念に準備を重ねてきたが、2月に骨折し、その夢が絶たれたのだ。

 だが、宇佐美はただでは転ばなかった。地道に肉体改造を施し、強い体を手に入れて5月に復帰。その後は、リーグ戦で10ゴールを挙げるなどして、ガンバ大阪の三冠(Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯)達成に貢献、Jリーグ・ベストイレブンにも輝いた。

 宇佐美にとっては、充実したシーズンとなったが、唯一欠けていたのは、日本代表への復帰だった。そのためには、オフ・ザ・ボールの動きや前線からの守備といった課題克服が不可欠だった。宇佐美自身、それは自覚していたものの、自分の課題と向き合うまでにはなかなか至らなかった。が、転機は今年3月に訪れた。

 日本代表の指揮官にハリルホジッチ監督が就任すると、宇佐美は久しぶりに代表に招集された。親善試合のウズベキスタン戦(3月31日/5-1)ではゴールも決めて、結果を出した。以来、ハリルホジッチ監督からは体脂肪率の高さを指摘されたり、リーグ戦でさらなる結果を求められたりして、目をかけてもらうようになった。そもそも、宇佐美は監督から信頼されると、それを意気に感じてがんばるタイプである。

 そこから、宇佐美が覚醒した。