2015.06.03

ハリルホジッチは柴崎岳の適性をどう見ているのか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 長田洋平/アフロスポーツ●写真

「しかしボランチよりも攻撃的MF、もしくはトップ下に適性を感じる。バイタルエリアで相手を混乱に陥らせる、非凡な才能を持っているからだ。後方からのゲームメイクもそつなくやるが、残念ながらディフェンシブな才能の持ち主ではない。ボールを奪い取る能力は凡庸。鹿島では、キャプテンの小笠原満男に遠慮してプレイしているように見受けられた。彼自身のビジョンがあるのに一歩譲っている印象。プレイメーカーとして大成するには、もっと強いパーソナリティを出すことが不可欠だろう。そして特記するが、トップ下でのオフェンシブな決断力と技術力は、誰もが持ち合わせるものではない」

 要するに、柴崎にはトップ下としての天賦の才がある、ということだろう。

 ハリルホジッチがウズベキスタン戦で、柴崎をボランチではなくトップ下で使っている事実は興味深い。この一戦、柴崎は連係や判断で未熟なプレイを見せたかと思うと、卓抜とした得点能力を披露し、目も眩(くら)むようなゴールを決めている。センターライン付近からのロングループシュートは、優れたトップ下選手だけが持ち得る決断力と技術力の賜(たまもの)だった。