2014.08.29

スタメン予想が楽しみになった新生日本代表の船出

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by AFLO SPORT

 ハビエル・アギーレ新監督就任後、日本代表初の試合となるウルグアイ戦(9月5日、札幌)、ベネズエラ戦(9月9日、横浜)に向け、23名のメンバーが発表された。

代表初選出が5名と、予想外のメンバー選考をしたアギーレ監督 新指揮官が初めて選ぶ日本代表とあって大きな注目が集まるなか、発表された顔ぶれはかなりのサプライズが含まれていたと言っていいだろう。

 たしかに、海外組はブラジルワールドカップ組を中心とする従来の主力メンバーが順当に顔を揃えてはいる。だが、国内組はというと、かなり意外なメンバーの名が並んだ。

日本代表メンバー
GK
川島永嗣 スタンダール・リエージュ(ベルギー)
西川周作 浦和
林 彰洋 鳥栖

DF
水本裕貴 広島
長友佑都 インテル (イタリア)
森重真人 FC東京
吉田麻也 サウサンプトン(イングランド)
酒井宏樹 ハノーファー(ドイツ)
坂井達弥 鳥栖
酒井高徳 シュツットガルト(ドイツ)
松原 健 新潟

MF
長谷部 誠 フランクフルト(ドイツ)
細貝 萌 ヘルタ・ベルリン(ドイツ)
田中順也 スポルティング(ポルトガル)
森岡亮太 神戸
扇原貴宏 セレッソ大阪
柴崎 岳 鹿島

FW
岡崎慎司 マインツ (ドイツ)
本田圭佑 ミラン(イタリア)
柿谷曜一朗 バーゼル (スイス)
大迫勇也 ケルン(ドイツ)
皆川佑介 広島
武藤嘉紀 FC東京

 象徴的なのが、初選出組である。