2013.12.08

W杯日本の対戦国を徹底分析。最悪3連敗もあり得る!

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 三村高之●写真 photo by Takayuki Mimura

ブラジルW杯ベスト8への道

 アフリカの強豪コートジボワール、欧州の強豪とは言えないギリシャ、南米の強豪コロンビア。日本の対戦相手は以上のように決まった。
 
 グループリーグ最終戦のコロンビアから見ていくことにする。日本が最も勝利を望みにくい相手だからだ。勝ち点は計算しないほうがいい。

コロンビアのエース、ファルカオ。アトレティコ・マドリードでゴールを量産、今季からモナコでプレイする かつてコロンビアといえば、マイボール時に力を発揮するサッカーだった。ショートパスを中心にボールをよく繋いだ。司令塔にバルデラマがいた頃(1985~1998年)は、特にアルゼンチンに相性の良さを発揮。アルゼンチンに平常心を失わせる巧みさを披露した。その一方でブラジルには勝てなかった。ひと言でいえば巧さ負け。巧い選手は巧い相手に弱いと言われるが、両者の関係はまさにその典型だった。コロンビアはブラジルを向こうに回すと途端に牙を失った。相手ボールの時間が長くなると脆さを露呈するサッカーだった。

 それはボールを奪うことが得意ではなかったからだ。高い位置での守備など全くしないチームだった。だが現在のコロンビアはその点が100%改善されている。ボール回しも効率的になったので、変な奪われ方をすることもなくなった。古典的な南米サッカーから欧州型サッカーへの脱皮。ざっくり言えばそうなる。