2013.12.07

識者が読むW杯C組。ザックジャパンの勝ち点は?

  • text by Sportiva photo by AFLO

ブラジルW杯ベスト8への道

 12月6日(日本時間12月7日未明)、ワールドカップ・ブラジル大会の組み合わせ抽選会が行なわれ、FIFA世界ランキング48位の日本代表は1次リーグでコロンビア(同4位)、ギリシャ(同12位)、コートジボワール(同17位)と対戦することが決まった。はたしてザックジャパンは、1次リーグで勝ち点を何点積み重ねることができるのだろうか。さっそく、識者に勝ち点を予想してもらった。

グループCでコロンビア、ギリシャ、コートジボワールと対戦することになった日本浅田真樹氏(フリーライター)
【勝ち点予想】 計5点

【対戦予想】 ○=勝ち、△=引き分け、●=負け
第1戦 vs.コートジボワール △(勝ち点1)
第2戦 vs.ギリシャ ○(勝ち点3)
第3戦 vs.コロンビア △(勝ち点1)

 総じて身体能力に優れているブラックアフリカンを、日本は苦手なイメージがあるものの、過去を振り返ると、力でねじ伏せられたことはほとんどない。初戦を負けずにスタートできれば、このくらいの勝ち点を取る可能性は十分にある。ヨーロッパ勢と蒸し暑い場所(ブラジル北東部ナタール)で対戦できるのも、日本には好条件。ギリシャから勝ち点3を確保できれば、突破が見えてくる。一番厳しいのはコロンビア戦だが、互いに勝ち点1でOKの状況になっていると見て、引き分けを予想した。


杉山茂樹氏(スポーツライター)
【勝ち点予想】 計2点

【対戦予想】 ○=勝ち、△=引き分け、●=負け
第1戦 vs.コートジボワール △(勝ち点1)
第2戦 vs.ギリシャ △(勝ち点1)
第3戦 vs.コロンビア ●(勝ち点0)

 コートジボワールはアフリカ屈指の強豪だが、つけいる隙はある。逆にギリシャは一見、強そうに見えないが、実は組織力の高い好チーム。穴がない。日本が苦手とするタイプ。それぞれの関係は、45対55。日本が若干不利だが、引き分けの可能性が、「勝ち」「負け」「分け」の三択では一番高そう。最終戦のコロンビアには、勝てそうな気がしない。関係性は35対65。敗戦の確率が最も高い。2分け1敗が最も順当な予想だと、僕は思う。