2013.07.31

ニュースター・柿谷曜一朗、第1志望はワントップ

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 早草紀子●撮影 photo by Hayakusa Noriko

 ニュースター誕生――。

 東アジアカップでの活躍によって、柿谷曜一朗が数多くのメディアに取り上げられているのを見ると、そんな印象を強くする。

 正直なところ、中国戦だけならここまでのインパクトはなかっただろう。だが、劣勢の韓国戦でチームを救う2ゴール。しかも、試合終了間際に優勝を決める劇的なゴールを決めたことで、俄然、注目度が増したのは間違いない。

東アジアカップで得点王となり優勝の原動力となった柿谷曜一朗 柿谷自身は、「優勝を決める大事な得点ができてうれしいけど、3点、4点と取れるシーンがあったので反省している。まだまだいいプレイができていない」と素っ気ないが、注目度は高まる一方だ。

 このところの日本代表人気は香川真司や本田圭佑といったヨーロッパのクラブでプレイする選手、いわゆる「海外組」によって支えられていただけに、Jリーグでプレイする選手のなかから、こうした選手が出てくるのはうれしいことだ。

 それにしても、柿谷は初めてのA代表入りで、いきなりこれほどの結果を残してしまうのだから恐れ入る。

 そんな柿谷を「持っている」と表現してしまうと、何とも軽い感じになってしまうが、古今東西、見ているものが「ここで点を取ってほしい」と思っているときに点を取るのがエースストライカーであり、スターである。