2013.07.30

東アジア杯出場22選手、識者5人の採点表

  • 藤田真郷●写真photo by Fujita Masato

チームとしてより個人の評価が注目された東アジア杯。現地で取材したサッカージャーナリスト5人が出場全選手を採点した。(10点満点で平均は5.5点)

韓国戦は初戦と同じ先発メンバーとなった。その意味するところは?今回限りではもったいない――浅田真樹

 それぞれがJリーグで活躍している選手ばかりとはいえ、チームとしては未知数だったが、選ばれたメンバーは概(おおむ)ね自分たちの能力を発揮していた。選手個々が「自己アピール合戦」に陥らず、あくまでチームとしてまとまって「やるからには優勝を目指す」というスタンスで臨んだことがよかったのだろう。それが結果として各々の特徴を発揮することにつながり、初優勝という望外の結果をもたらした。最終的にはザッケローニ監督の判断次第ではあるが、代表招集を今回限りにしてしまうのがもったいない選手は相当数いた。若い選手たちがアウェーの韓国戦という独特の雰囲気を経験できたことも含めて、思いのほか意義のある大会になった。

GK 西川周作  6 韓国戦でほとんどミスなくボール処理。押される展開で貢献大
   権田修一  6 2失点はあったが安定したプレイ。声でも常にチームを鼓舞した
DF 駒野友一  5.5 キャプテンの重責もあったせいか、いつになくミスが目立った
   森脇良太  5.5 思い切りに欠け、監督の要求するサイド攻撃に対応し切れず
   栗原勇蔵  5.5 守備面では貢献大きかったが、ビルドアップでは新戦力に見劣った
   鈴木大輔  6.5 センスを感じさせる縦パスを連発。攻撃の起点として魅力的な存在
   森重真人  7 空中戦に強く、足元もうまい。韓国戦は出色の出来で今後に期待
   千葉和彦  6 DFラインを高く保つことに苦労したが、攻撃面では能力を発揮
   槙野智章  6 得意の攻撃面では見せ場が少なかった。4バックのサイドではどうか
   徳永悠平  6 左右サイドバックでそつなくプレイ。突然の途中出場にもすぐ適応
MF 山口 螢  6.5 五輪で見せた高い危険察知能力がA代表でも通用することを証明
   高橋秀人  6 勘どころを抑えた守備はさすが。読みのよさでインターセプトを連発
   青山敏弘  6.5 守備面で改善の余地あるが、攻撃の組立役として高い能力を見せた
   扇原貴宏  5.5 無難にプレイはしていたが、安全にさばくことが多く物足りず
   工藤壮人  6 慣れないザック流の右MFとして奮闘。攻守に安定したプレイ
   齋藤 学  6.5 ドリブラーとして他にない特徴を発揮。ジョーカーになりうる
   高萩洋次郎 6 精度の高いキックは目立ったが、トップ下としてはインパクトに欠く
   大迫勇也  6.5 中盤からボールを引き出すうまさに加え、得点力の高さも見せた
   原口元気  6 全体としては物足りなさもあるが、ここぞの場面でキラリと光った
   山田大記  6 サイドバックとうまく連携。もう少し強引に仕掛けてもよかった
FW 柿谷曜一朗 7 技術を生かした決定力はもちろん、タメを作れる強さも見せた
   豊田陽平  6 前線のポスト役としては及第点。チャンスでゴールが欲しかった