2013.06.05

ザッケローニが考える「チームの成長」に必要な要素とは?

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 早草紀子●撮影 photo by Hayakusa Noriko

 日本の5大会連続となるワールドカップ出場が決まった。ひとまず、第一関門突破である。

 とはいえ、今回のオーストラリア戦も1-1の引き分け。日本代表は連敗こそ止めたが、これで3試合連続勝利なしである。

ホームでW杯出場を決めたザックジャパン。6月15日開幕のコンフェデレーションズカップに出場する 日本はボール支配率で勝り、攻めている時間でも回数でもオーストラリアを上回っていた。前半こそ迫力のあるカウンターを再三繰り出していたオーストラリアも時間の経過とともに沈黙していった。

 特に後半のオーストラリアは、縦に速いカウンターというより時間をかけてサイドからじっくりと、という攻撃に変わっていった。思うように勝ち点を伸ばせずにいるオーストラリアは、是が非でも勝ち点3を取りにいくのではなく、勝ち点1を確保したいようにも見えた。

 だからこそ、引き分けであっても0-0のままで試合を終わらせたのなら、無理せず賢く引き分けたと言ってもよかった。まして日本は勝ち点1さえ上積みすればいいという状況だったのである。勝てなくても、それなりに評価できる結果だった。

 ところが、ザッケローニ監督が言うように「偶然だった」とはいえ、試合時間が残り10分を切ったところでオーストラリアに先制を許した。しかも、ロスタイムを含めれば、まだ10分以上もの時間が残されていたにもかかわらず、日本はこの失点でガクッと落ち込んでしまった。