2012.08.17

【なでしこジャパン】全6試合を総括。この悔しさが未来につながる

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Hayakusa Noriko/JMPA

 迎えた決勝トーナメント・ブラジル戦はさらに苦しかった。防戦一方で、今度はなでしこのボール回しが全く通用しない。結果、ベタ引きとなり、最終ラインがどうにか跳ね返す展開だった。その中で大儀見優季ら攻撃陣が得点できたことは大きく、苦しい試合を勝利したことで、選手たちにはようやく笑顔が見られた。
 
 センターバックとともに右サイドバックで体を張った近賀ゆかりが言う。

「1次リーグは結果とともに内容も求めたかったから、内容がついてこなくて苦しかった。今日、ブラジルという相手に勝てて本当に嬉しい。どうしても金メダルが欲しい」

 この頃から、チームからは「メダル」ではなく「金メダル」とはっきりした目標が聞こえてくるようになった。

 準決勝のフランス戦は、ブラジル戦に輪をかけて苦しめられた。ブラジルよりも、縦へのスピードやパワー、高さがあり、クオリティも高い。日本が最も苦手とするタイプだ。

 2点を先制したことで相手はパワープレイに出てきた。足も止めず攻め続けてきたが、なんとか1失点に食い止めた。この試合で銀メダル以上が確定。選手たちが喜び踊りだす様子は、まるで優勝を決めた後のようでもあった。

 この試合はGK福元に助けられた試合でもあった。何度も何度も好セーブを繰り出した彼女には、佐々木監督と澤穂希が「神様ですね」と声を揃えた。