2012.05.31

【五輪代表】宇佐美貴史が見せた「ジョーカー」以上のインパクト

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 そして後半3分、宇佐美は指宿の逆転ゴールをアシスト。高木からのスルーパスを相手DFの間をすり抜けて受けると、完全に裏のスペースをついて一気にゴール前へと運んだ。GKと1対1で対峙してからフリーの指宿へとパスを送る、鮮やかなプレイだった。

「(自分でシュートを)打っても決まったかもしれないけれど、より確実なほうを選択しました。オレのゴール、ってことにしておいてください(笑)」

 この試合で宇佐美は、海外に来てからの、自身の成長も感じてとっていた。本人が語るのは、後半38分、相手に左サイドを突破されそうになったシーンだ。それまでも、中盤とサイドバックと連係して守っていながら、オランダのルコキに再三突破されていたが、このときは、左サイドバックが抜かれたところを、宇佐美が猛ダッシュで戻って、ルコキの突破を食い止めた。

「あの時間になっても守備で戻れる体力は、この一年でついたものだと思う」

 関塚ジャパンに久しぶりに戻ってきた宇佐美は、チームのための献身性をも見せる、大人の一面まで備えていた。

 さらに圧巻だったのは、続くエジプト戦。0-2のビハインドから、自ら2ゴールを叩き込んだ。

 1点目は後半開始直後の1分、右サイドで大津祐樹からのパスを受けると、ドリブルで持ち運んで、ペナルティーエリア外から思い切りよくシュート。低い弾道で勢いのあるボールがネットに突き刺さった。2点目は同8分、FKからのショートパスを受けた齋藤のクロスに飛び込み、混戦の中で同点ゴール押し込んだ。