2012.01.01

【日本代表】福田・名波・三浦淳が語る「ザッケローニ監督が取り組む3-4-3の可能性」

  • スポルティーバ●構成 text by Sportiva
  • 益田佑一●文 photo by Masuda Yuichi

福田正博・名波浩・三浦淳寛が語る
ザックジャパンの現在、そして未来(2)

ザッケローニ監督は、自身の代名詞とも言える「3-4-3」を、日本代表でも定着させることができるのか?ザックジャパンの戦いぶりを分析していく識者座談会。第2回は、ザッケローニ監督がオプションとして採用している3-4-3の現状とその可能性について検証する。

名波 今の日本の選手にハマっているのはどちらのシステムかと言えば、3-4-3よりも4-2-3-1のほうだろう。コンパクトにして戦うことがザッケローニ監督の3-4-3のイメージだとして、そのイメージどおりにラインはなかなか上げられないのではないだろうか。特に「4」の両サイドに求められる役割はこなすのが相当難しいと思う。

三浦 現状は結構厳しいですよね。3-4-3がうまく機能しているのかと言えば、必ずしも機能しているとは言えないと思います。ただ、どこを目指しているのかはわからないですけれど、ザッケローニ監督が3-4-3をやりたいと思えば、トライするのはすごくいいこと。そこから、チームにとってプラスになる、何か光るものが生まれるかもしれませんから。