ロッテが独立リーグの外国人選手・マーティンを育成で獲得した理由 BC茨城GMが語る舞台裏

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke

 パ・リーグで首位ソフトバンクを追いかける2位のロッテが7月2日、新外国人選手の獲得を発表した。2019年から4シーズン活躍したレオネス・マーティンの弟、右打ちの外野手アンディ・マーティンだ。

 といっても、即戦力としてではない。育成選手での契約が示すように、将来を見据えての獲得である。

ロッテが独立リーグの外国人選手・マーティンを育成で獲得した理由 BC茨城GMが語る舞台裏ロッテが独立リーグの外国人選手・マーティンを育成で獲得した理由 BC茨城GMが語る舞台裏この記事に関連する写真を見る

【NPBで4番を打てる逸材】

 23歳でキューバ出身のマーティンは、今年5月21日、BCリーグの茨城アストロプラネッツに入団した。

「もし2、3年後にNPBのスターになれる可能性があれば、今回のように育成で獲って育てようと考える球団もあるだろうというプランのもとで獲得しました」

 そう話すのは、アストロプラネッツの色川冬馬GMだ。世界各国にコネクションを持つ同GMは昨季途中に日本ハムに移籍したアレン・ハンソンをはじめ、元ソフトバンクのダリエル・アルバレス、元オリックスのセサル・バルガスを獲得してNPBに送り出してきた。

 実績を残してから来日した3人に対し、アンディ・マーティンは異なるバックボーンを持つ。いわゆる"素材形"だ。色川GMが説明する。

「持ち味はたくさんありますが、まずはフィジカルのレベルが日本人とは桁違いです。インボディで計測すると、体重95キロで80キロの筋肉量。身長188センチで、20m走は2.9秒と足も速い。それに肩も強いです。3年で1000打席近く打たせてくれる球団があれば、確実にNPBで4番を打てる未来のスーパースターになるだろうと思って獲りました」

 23歳のマーティンは2023−24年シーズン、コロンビアのウインターリーグでプロとしてのキャリアをスタートさせたばかりだ。だが、5試合で13打数2安打、打率.154、OPS.522と決して好成績ではなかった。

 その後に所属したアストロプラネッツでも、11試合で37打数8安打、打率.216、3本塁打、OPS.816に終わっている。

1 / 4

プロフィール

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る