「西川龍馬の4番起用は中嶋聡監督からのメッセージ」星野伸之が上昇ムードのオリックス打線を分析

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo

星野伸之インタビュー 後編

オリックス野手陣について

(前編:オリックス投手陣は主力が軒並み離脱中も明るい兆し 星野伸之が期待を寄せる若手は?>>)

 投手陣同様、故障者や不振の野手が多かったオリックスだが、6月に入って西川龍馬が調子を上げるなど打線につながりが出てきた。星野伸之氏に聞くオリックスの後編では、打線が上向いてきた野手陣のキーマンや、中嶋聡監督の采配について聞いた。

6月に入って調子を上げている西川龍馬 photo by Kyodo News6月に入って調子を上げている西川龍馬 photo by Kyodo Newsこの記事に関連する写真を見る

【「4番・西川」に感じる中嶋監督のメッセージ】

――野手陣は森友哉選手が復帰しましたが、福田周平選手ら、やはり主力選手の離脱が多いですね。

星野伸之(以下:星野) 森は調子が上向いていた時でしたし、福田も今季は状態がよかっただけに痛いですよね。ただ、太田椋に当たりが出てきました。ここ最近は3番を任されることが多いですが、これは大きな収穫です(※6月13日の阪神戦はコンディション不良でベンチ外)。

 どんな球でも関係なく、逆方向に3安打した試合があったのですが、どの打席でもそれを狙っていたように見えましたし、「これは何かを掴んでいるな」と。初球から打ちにいく積極性はなくさずに、引きつけて逆方向に打つ意識が高いので、カウントが追い込まれても余裕を持って見逃せる。当たりがよくなくてもコースヒットを打てていますし、大事な場面で犠牲フライも出ています。

 今までは、なんとなく思いきり振ってヒットになった、アウトになった、三振だった、という感じで、思いきりのよさだけが目立っていましたが、今はほぼ自分のタイミングで打てています。紅林弘太郎もいい感じになってきていますし、何よりも西川龍馬が調子を上げてきたのが大きいです。

――西川選手は4月~5月の打率が2割台前半と低迷していましたが、6月の打率が.395(6月12日時点)。交流戦では対戦経験豊富なセ・リーグのピッチャー相手にいい打撃を見せています。

星野 (6月5日のDeNA戦から)西川を4番に置いていますが、それは「いい時を思い出してくれ」という、中嶋聡監督のメッセージだと思うんです。セ・リーグでは毎年3割前後をキープしていたバッターですし、そこに賭けたのかなと。本人を呼んで「4番を任せるから頑張れ」と言葉をかけるタイプの監督ではないと思うので、4番に入れることでメッセージを送ったんだろうと僕は思いました。

 3番を打つことが多くなった太田の状態もいいし、5番の紅林も調子が上向いてきた。1番に中川圭太を置いていますし、今の打順はすごくいいと思います。少し前まではヒットを7、8本打っても散発でしたが、打線がつながり始めましたよね。

1 / 3

プロフィール

  • 浜田哲男

    浜田哲男 (はまだ・てつお)

    千葉県出身。専修大学を卒業後、広告業界でのマーケティングプランナー・ライター業を経て独立。『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』の取材をはじめ、複数のスポーツ・エンタメ系メディアで企画・編集・執筆に携わる。『Sportiva(スポルティーバ)』で「野球人生を変えた名将の言動」を連載中。『カレーの世界史』(SBビジュアル新書)など幅広いジャンルでの編集協力も多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る