元プロ野球・池田駿はシーズン中ロッカーでも試験勉強 公認会計士合格後のキャリアを語る

  • 門脇正法●取材・文 text by Kadowaki Masanori
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

文武両道の裏側 第15回 
池田駿(プロ野球選手→公認会計士)後編(全2回)

 巨人や楽天で投手としてプレーした元プロ野球選手で、難関国家資格の公認会計士試験に合格した池田駿さん(31歳)にインタビュー。後編では、試験へ向けた勉強とプロ野球の両立の話題から、アスリートのセカンドキャリアに対する思いにも言及した。

プロ野球選手のセカンドキャリアについて語った池田駿さんプロ野球選手のセカンドキャリアについて語った池田駿さん* * *

【プロ野球時代から勉強スタート】

ーー公認会計士を目指そうと思った最初のきっかけは?

池田駿(以下同) プロ野球1年目のシーズンオフに、税金のことを担当してくれていた税理士のところにあいさつへ行ったんです。その方は、僕がプロ入り前にいたヤマハ野球部の先輩のお父さんなんですが、その時に税金に関して、ホワイトボードを使ってレクチャーをしてもらいました。そこで、税金っておもしろいなとぼんやり思ったのが最初でした。将来、税理士になって、プロ野球選手の確定申告ができたらいいなって思ったりして。

ーー税理士から公認会計士の試験へ変更した理由はありますか?

 税理士になる受験資格を僕は満たしてなくて、満たしてから税理士試験に挑んだら何歳になるんだろう、と。ちょっと無理かなと思ったんです。そして、受験資格がなく、税理士登録もできる公認会計士の資格を知って「これだ!」と思いました。当時30歳近くなっていたので、できるだけ最短で目指せる選択肢を探したんです。まず2021年のキャンプの頃から、勉強を始めました。

ーープロ野球と同時進行で公認会計士の勉強もスタートさせたということですね?

 公認会計士資格スクールで本格的に勉強する前に、入門体験的なオンライン講義から始めました。キャンプ中に簿記の勉強を進めていって、2021年4月からCPA会計学院の通信講座の本科生として勉強を続けました。

ーーキャンプ中はどんなペースで勉強していたんですか?

 ペースを自分で決められるのが、オンラインのいいところです。具体的には、朝起きて練習へ行く前に1時間くらいやって、練習から帰ってきて1時間半とか2時間くらいやって、寝る前にもう1時間という感じで、大体1日4時間くらいですかね。

1 / 4

プロフィール

  • 門脇正法

    門脇正法 (かどわき・まさのり)

    マンガ原作者、スポーツライター。1967年、埼玉県生まれ。日本女子体育大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。アニメ『ドラゴンボールZ』の脚本家である小山高生氏からシナリオを学び、マンガ原作者デビュー。特にスポーツアスリートの実録マンガを得意としており、『世界再戦ー松坂大輔物語ー』(集英社/少年ジャンプ)、『好敵手ー室伏広治物語ー』(同)、『闘球「元」日本代表ー福岡堅樹物語ー』(集英社/ヤングジャンプ)の原作を担当。現在はマンガの原作だけでなく、「少年ジャンプ」のスポーツ記事特集『ジャンスタ』を中心に、『webスポルティーバ』の「文武両道の裏側」など、スポーツライターとしても活躍中。著書に『バクマン。勝利学』『少年ジャンプ勝利学』(ともに集英社インターナショナル)などがある。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る