【星野伸之のパ・リーグ順位予想】ソフトバンクは4軍があっても結局は外からの補強 若い選手でオリックスに分がある

  • 浜田哲男●取材・文 text by Hamada Tetsuo
  • photo by Kyodo News

 2023年のプロ野球が開幕した。昨年のパ・リーグはオリックスが2連覇を達成。そのオリックスにレギュラーシーズンの最終戦で逆転されたソフトバンクは、投打ともに大型補強を敢行してリベンジを期す。

 他チームも戦力を整えているが、どんなシーズンになるのか。長らくオリックスのエースとして活躍し、引退後はオリックスの投手コーチも務めた星野伸之氏に、パ・リーグの順位予想と展望を聞いた。

山本(左)らピッチャー陣が強力なオリックス。柳田が軸のソフトバンクは打線が充実山本(左)らピッチャー陣が強力なオリックス。柳田が軸のソフトバンクは打線が充実この記事に関連する写真を見る【1位予想:オリックス】

――古巣のオリックスを1位と予想されましたが、やはり強力なピッチャー陣が主な理由ですか?

星野伸之(以下:星野)そうですね。まず先発ピッチャー陣は、山本由伸、宮城大弥、山岡泰輔、田嶋大樹、山﨑福也と充実。ローテの残りひと枠を、昨年までリリーフだった黒木優太、高卒3年目の山下舜平大、新外国人の(ジェイコブ・)ニックス、ドラフト1位ルーキーの曽谷龍平らが争う贅沢な形になるでしょう。

 注目度が高い山下は軽く投げて150km台中盤の球速が出る。曽谷もすごくいい球を投げますが、先発として育てるのであれば、右バッターの外に逃げる球が欲しいところです。

――リリーフ陣はいかがでしょうか?

星野 WBC組の宇田川優希と山﨑颯一郎、(ジェイコブ・)ワゲスパック、比嘉幹貴、近藤大亮、本田仁海とやはり豊富です。気になるのは新外国人の(ジャレル・)コットンの起用法。3月4日の阪神戦では3イニングを投げていましたし、リリーフだとは思うのですが先発にする可能性もあるのかなと。

――バッター陣は、やはり吉田正尚選手(レッドソックス)が抜けた穴をどう埋めていくかがポイント?

星野 その穴は心配ですが、昨年も吉田がコロナ感染で離脱した時に中川圭太が4番である程度打ったり、頓宮裕真も4番でいい仕事をした時期がありました。

 もともとオリックスの野球は、ビハインドの展開でもピッチャーが頑張り、福田周平が粘って四球を選ぶなど少ないチャンスをモノにして逆転する形。もともと長打を打てる安達了一も、ほとんどホームランを狙わずに逆方向を意識している。ひとりひとりの役割がはっきりしていて、みんながそれに徹している印象なのでブレはないでしょう。

――新加入の森友哉選手にも期待がかかりますね。

星野 キャッチャーは若月健矢らとの併用になると思いますが、森の打撃力を考えると常に打線にいてほしいので、若月がマスクをかぶる時はDHに入るのかなと。そういう形で吉田の穴を埋めていくことになると思いますが、森にすべてを背負わせるわけにはいかないですし、やはり杉本裕太郎が4番にドカっと座っていないといけないですね。

1 / 4

プロフィール

  • 浜田哲男

    浜田哲男 (はまだ・てつお)

    千葉県出身。専修大学を卒業後、広告業界でのマーケティングプランナー・ライター業を経て独立。『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』の取材をはじめ、複数のスポーツ・エンタメ系メディアで企画・編集・執筆に携わる。『Sportiva(スポルティーバ)』で「野球人生を変えた名将の言動」を連載中。『カレーの世界史』(SBビジュアル新書)など幅広いジャンルでの編集協力も多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る