村上宗隆と清宮幸太郎との間になぜ決定的な差が生まれたのか。広岡達朗は「選手は入った球団によって野球人生が決まる」

  • 松永多佳倫●文 text by Matsunaga Takarin
  • photo by Koike Yoshihiro

 あの落合博満や高橋慶彦も臆せず先人たちにアドバイスを求め、猛練習していたという。そして自らのバッティングを築き上げ、球界を代表する打者へと上り詰めていった。

 村上と清宮──現時点でその差は歴然だが、今後、その差を縮めることは十分に可能である。いずれにしても、不動の4番としてチームを優勝に導くことが最低の条件となる。そのためにも清宮がどこまで野球と向き合い、覚悟を持って取り組めるかが重要になる。

(文中敬称略)

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る