2022.07.21

元巨人・村田真一がバッテリーを組みたいと熱望する現役最強の5人とは?「一度でいいからあのボールを体感したい」

  • 水道博●文 text by Suido Hiroshi
  • photo by Koike Yoshihiro

 1982年にプロ入りしてから、巨人の捕手として20年プレーし、その後は15年間にわたりコーチとしてチームを支えてきた村田真一氏。7月15日配信の記事では、「これぞエースと唸ったライバル球団の5人」を挙げてもらったが、今回は「バッテリーを組みたい現役投手5人」について語ってもらった。はたして村田氏は、誰のどんなボールに興味を持っているのだろうか。

これまで沢村賞に2度輝いた巨人の菅野智之これまで沢村賞に2度輝いた巨人の菅野智之 この記事に関連する写真を見る

菅野智之(巨人)

 最初に頭に浮かんだのは、菅野智之投手です。菅野投手は、私が一軍打撃コーチをしていた2013年に入団以来、最多勝3回、最優秀防御率4回のタイトルを獲得し、日本代表のエースとしても活躍しました。

 菅野投手の武器は、150キロを超すストレートと、スライダーを中心とした多彩な変化球。しかもどの球種も絶妙なコントロールを誇り、構えたところに寸分の狂いもなく投げ込んでくる。これほどリードしていて、楽しいピッチャーはいないと思います。

 とはいえ、ここ1、2年は苦しんでいます。ここまで(7月19日現在)6勝5敗、防御率3.56と、ものすごく悪いわけではありませんが、それでも周囲が納得しないのは、菅野が超一流だからです。

 とはいえ、今年33歳を迎えるシーズン。どんな投手でも本格派から技巧派に投球スタイルを見直す時期です。単純に菅野投手の球を受けてみたいと同時に、捕手として投手のよさを引き出したいという思いもあります。いま以上に低めの両サイドに投げ分けさせるリードをしたいですね。