2022.06.17

MVP捕手・中尾孝義が衝撃を受けた投手5人。「300勝はできた」「どうやって打てばいいんだ」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Koike Yoshihiro、Sankei Visual

 1981年に中日に入団し、82年にはセ・リーグの捕手として初のMVPに輝いた中尾孝義氏。その後、巨人、西武でもプレーするなど、13年の現役生活を送った。その間、多くのピッチャーのボールを受け、数々の好投手と対戦してきた。そんな中尾氏に「衝撃を受けた投手5人」を挙げてもらった。

「昭和の怪物」と称された江川卓「昭和の怪物」と称された江川卓 この記事に関連する写真を見る

ダントツでナンバーワン

江川卓(元巨人)

 文句なしのナンバーワンです。江川と最初に対戦したのは高校の時だったのですが、こんなボールを投げるピッチャーがいるのかと。ただただ驚きでしたね。真っすぐとわかっていてもバットに当たらないんですから。私自身、未熟というのもありましたけど、ベルト付近だと思って振ったのが胸の高さのボールだったり......本当にホップしているような、そんな軌道のストレートでした。

 大学でも、プロでも対戦しましたし、実際に何度かボールを受けたこともありますが、高校時代の江川のボールが飛び抜けて速かったし、衝撃的でした。もし高校を卒業してすぐにプロに入っていたら、200勝はもちろん、300勝の可能性もあったんじゃないかなと思いますね。それほど力は突出していました。

 ただプロ入り後は、相手を見ながら投げていたというか、手を抜くところがありました(笑)。ただ、そんな江川のすごさをあらためて見せつけられたのが、1984年のオールスター。パ・リーグの猛者相手に8連続三振を奪うのですが、あの試合、マスクを被っていたのが私だったんです。あの日の江川のストレートはキレ、伸びとも抜群で、バッターはまったくタイミングが合わず、みんなボールの下を振っていました。やっぱり江川はとんでもない投手なんだと、再認識させられました。