2022.05.30

山﨑武司が厳選した「対決が嫌だった」投手5人。野村克也監督に「今日は外して下さい」と頼んだ1位は?

  • 栗田シメイ●取材・文 text by Kurita Shimei
  • photo by Kyodo News

【3位:斎藤雅樹(巨人)】

 斎藤さんの場合は何といってもスライダーです。大袈裟ではなく2回曲がるんですよ。斎藤藤さんと対峙するバッターは、よく外の"クソボール"を空振りしていたように見えたと思いますが、それだけあのスライダーが特殊なボールだったから。

 プロのバッターからすると、曲がりが大きい=打ちにくいとはならない。それよりも大事なのは質です。たとえば、曲がりが大きくても山なりに曲がるような球なら、軌道を感覚的に調節できる。ただ、斎藤さんのスライダーは曲がり始めてから、もうひと段階クッと手元で大きく逃げていくんです。普通、バッターは第一段階の曲がりを見て打つポイントを判断しますから、さらにそこから曲がったら打てませんよね。そんなボールを打つ練習をしていないわけですから(笑)。佐々木のフォークもそうですが、すごくインパクトがあったボールでした。

【2位:松坂大輔(西武、レッドソックスなど)】

 大輔の場合は特定の球種がいいというよりは、すべてのボールがすごかった。スライダーやストレートがクローズアップされますが、他の変化球も一級品でしたね。たとえば追い込まれた時に、待つボールを2種類に絞れるか、5つの球種を待たないといけないかでは、確率に大きな差が出ます。

 なかでも、僕が一番嫌だったのはフォーシームですね。大輔のフォーシームは他の投手と回転が違いました。普通の投手だと、「真っスラ」という言葉もあるように回転して(右打者から見ると)逃げていくことがあって、これはラクに対処できます。でも、大輔の場合は変な回転をして、ほどよく外へ逃げていくんです。しかも150キロオーバーでスピードもあるから対応できない。スライダーの曲がりもエグかったですね......。対戦している数自体は、次に紹介する1位の投手よりは少ないんですが、大輔も強烈な印象が残っている投手です。