2022.05.25

佐々木朗希もすごいが、山本由伸は「パーフェクト」。名スコアラーが考えた攻略の糸口

  • 白鳥純一●文 text by Shiratori Junichi

佐々木や山本について語った三井氏 撮影●立松尚積佐々木や山本について語った三井氏 撮影●立松尚積 この記事に関連する写真を見る ――現役選手の中で、三井さんがもっとも凄さを感じる投手は?

「佐々木投手もそうですが、オリックスの山本由伸投手ですね。彼のボールは打てないですよ......。空振りが取れる速球、スライダーやフォークなど全球種でカウントが取れて、それぞれの球種を勝負球にもできる。さらに、緩急をつけた投球が得意でコーナーを突く制球力もある。まさに、パーフェクトです。

 わたしは、彼特有の投球フォームにも注目しているんです。フォームに独特の"間"があるので、相手打者はタイミングを崩されてしまっている。それもまた、山本投手が勝負を有利に進められる要素のひとつだと思います」

――そんな山本投手に対して、三井さんだったらどのように攻略の糸口を見出しますか?

「ミーティングではまず『無理だ。打てない』と言いますかね(笑)。もちろん、勝つために最善を尽くしますよ。山本投手のボールはどれも素晴らしいですが、特に自チームの右打者に対して、速球と外角のスライダーに狙いを定めるように指示します。そうして"追い込まれるまでに1球あるかどうか"という甘い球を、逃さずに打てるかがポイントです。

 緩急をつける緩いボールは打ちにくいので、『カーブを狙え』という指示はしません。緩いボールに手を出して結果が出なかったら、選手によっては悔しくて眠れなくなるかもしれない。そういった打者の心理も考えながら指示を出します」

――打者に伝えると、渋い顔をされるような指示もあるんですか?

「緩い球を狙うことと、打席位置を変えることを嫌がる選手が多いですね。巨人のスコアラー時代、阪神にいた下柳(剛)投手に苦戦していた頃に、『変化球が曲がり切る前に打ちたい』という理由で、バッターボックスで投手寄りに立つように指示を出したことがあるんですよ。

 でも、結果はこれまでと変わらなくて......。元木(大介)などに『ほら、やっぱり打てなかったでしょう』といったことを、さんざん言われましたよ(笑)」