2022.04.25

ソフトバンク三森大貴が6年目のブレイク。恩師は「頑丈な体になったら、とんでもない選手になる」

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Koike Yoshihiro

 今年は、人気球団の阪神とBIG BOSS・新庄剛志監督の話題で日本ハムがペナントレース早々に連戦連敗が続き、「勝てない」ことばかりがフィーチャーされるなど、珍しいムードでシーズンが進んでいる。

 そんななか、パ・リーグは楽天が首位を走り、2年ぶりの王者奪還を目指すソフトバンクが0.5ゲーム差で追っている(4月24日現在)。藤本博史新監督のもと開幕8連勝を飾るなど、上々のスタートをきった。

4月24日現在、パ・リーグの打率5位と活躍中のソフトバンク・三森大貴4月24日現在、パ・リーグの打率5位と活躍中のソフトバンク・三森大貴 この記事に関連する写真を見る

代役から不動の1番へ

 その8勝目を呼び込んだのが、三森大貴(まさき)の逆転3ランだった。2点リードされた2回、前の打者・甲斐拓也が三振に打ちとられて二死になった直後、嫌な流れになりそうな気配を覆(くつがえ)す打球は、福岡 PayPayドームのライトスタンドに飛び込んだ。

 いかにも三森らしいバッティング──青森山田高校時代から彼のプレーを見てきた者には、そう思えた。

 その力感で、どうしてそんなに飛ばせるんだ。オリックスの先発・山﨑颯一郎が少し力んだ感じで投げた速球が高く浮いたところを、バットのヘッドを立て、上からパチンと引っ叩いた打球は「ええっ......」と思うほど、飛距離が出た。

 2020年の盗塁王・周東佑京が、昨シーズン途中に右肩関節唇の手術で戦列を離れ、ポッカリ空いたセカンドのポジションを、育成出身の12年目の叩き上げ・牧原大成や、快速ルーキー・野村勇らと競い、三森は2月のキャンプからしぶとく、勝負強く、一軍内野陣に踏みとどまった。

 キャンプ後半の紅白戦やその後のオープン戦で、追い込まれてもファウル、ファウルで粘り、根気の尽きた投手の失投をスパッとヒットにする場面を何度も見た。その打撃が認められ「1番・セカンド」で開幕スタメンを果たすと、その後も22試合中18試合にリードオフマンとして出場している。

 守備でも、セカンドだけじゃなく、ショート、サード、ファーストも守って、同様の高い水準で堅実にアウトを重ね、とくに難しい打球をさばいてアウトを奪う時の球際の強さには、目を奪われるものがあった。