山﨑武司が「僕ならブチ切れてる」という選手も起用。我慢強い中日・立浪和義監督の采配、投打のキーマンも語った

  • 栗田シメイ●取材・文 text by Kurita Shimei
  • photo by photo by Sankei Visual

上がり目は残されている

――開幕前に高橋周平選手が離脱し、選手起用の再考も余儀なくされた面もあります。

山﨑 その周平のケガでチャンスを掴んだ阿部がチームを牽引してますからね。周平は危機感を持たなければいけない。だから周平が戻ったあとにどうするか、という点はかなり注目しています。昂弥を外すわけにはいかないし、阿部をレフトに回したら、鵜飼やアリエル・アルティネスを使えない。そうなると周平が彼らより打てるか、結果を残せるかということになる。

 もし僕が監督なら、今のチーム状況で阿部は外せないので周平は使いません。まずは代打で結果を残してからでしょうし、周平の起用にこだわるとチームの雰囲気が悪くなる可能性もあります。他の選手と同じように競争させるべきですよ。

――打線に効果的な長打が出る機会が増え、接戦をモノにする試合が増えています。

山﨑 ただ、1点差ゲームが10試合ですから、打線はもう少し頑張らないといけない。まだビシエドの調子が上がらなくて、京田もあの状態。逆に、上がり目はけっこう残されていると思います。1点差ゲームを勝ちきれるようになれば、自ずとチーム力がついてくる。打線も打撃コーチの中村紀洋や森野将彦の指導の影響か、チーム全体で鋭い打球は増えてきており、ビシエドと京田の調子が上がってくれば切れ目がない打線になってくるでしょう。

――投手陣に関してはどう見ていますか。

山﨑 投手運用については、落合英二コーチに任せている部分が多いんでしょうね。一番大きかったのは、先発から配置転換したジャリエル・ロドリゲスが8回にハマったこと。清水達也も出てきてリリーフがかなり計算できるようになりました。

 先発陣は大野雄大、柳裕也が軸となりますが、上を狙うなら4枚はローテを固定したいところです。個人的には大野が少しピリッとしないことと、ライデル・マルティネスが本調子でないことは少し気がかりではあります。特に大野はエースとして、もう少し貯金が出来るピッチングをしてほしい。

2 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る