山﨑武司が「僕ならブチ切れてる」という選手も起用。我慢強い中日・立浪和義監督の采配、投打のキーマンも語った

  • 栗田シメイ●取材・文 text by Kurita Shimei
  • photo by photo by Sankei Visual

投打のキーマンは?

――先発陣は今季、「9人体制で回す」という報道も出ています。

山﨑 先発の枚数はいて、それなりに計算できる投手も出てきました。ただ、シーズン通しての実績でいうと、大野、柳、小笠原の3枚になってくる。ここにあと1枚いれば、だいぶ変わってきます。勝野昌慶や福谷浩司あたりに勝ち星がついてくるとチームも乗ってくると思います。

――期待の高卒2年目の高橋宏斗も初勝利を挙げました。

山﨑 先発であれだけ速いボールがあるわけだから、当然持っているものはいい。思っていたよりもコントロールがいいこともあり、計算できる投手になっていくんじゃないでしょうか。それでもまだ高卒2年目ですから、焦らずに1戦1戦結果を残すこと。自信をつけて、自分のスタイルを見つけるシーズンにしてほしいです。

――今シーズンの投打のキーマンを挙げるなら誰でしょうか。

山﨑 投手は大野、打者は石川ですね。大野はもともとシーズンが進むにつれて尻上がりに調子を上げてくる投手ではありますが、今シーズンは少し内容がよくない。ボールが全体的に高いので、長打で失点というシーンが目立ちます。大野で貯金をどれだけ作れるかが、上位争いをする上でのポイントになってくる。

 石川は長打もそうだし、スケールの大きさや可能性を感じさせるバッテイングが見たい。その上でどれだけの成績を残すのか。今のプロ野球では強いチームには日本人の4番打者がいるし、石川にはそうなってほしいです。彼が相手投手に怖さを感じさせるバッターになれば、打線の厚みは変わってくるでしょう。

――今季の展望はいかがですか?

山﨑 交流戦が終わった時点でどの順位にいるかが大事です。交流戦が終わって5割をキープできていたら、今季は期待できると思いますよ。やっぱりピッチャーがいいですから、ある程度の点さえ取れれば大きな連敗は考えにくい。若手がどれくらい育つかにも影響しますが、先ほども言ったように交流戦終了時で5割前後であれば、チャンスはあるんじゃないでしょうか。

――久しくチームが経験していなかった優勝争いの可能性もありますか?

山﨑 今季のセ・リーグは阪神も含めて、どのチームも大きな差がないと見ています。つまり、ちょっとした要素で順位が動く可能性が高い。先述のように交流戦の結果にもよりますが、ドラゴンズも噛み合わせひとつでAクラスに入っていけるでしょうし、そうなると優勝も夢物語ではありません。

 だからこそもう一枚、外野で大砲の外国人がほしかったな、とは思いますよ。打率.250くらいでもいいから、20本打てるような。そうなると若手が使いづらくなるジレンマも出てくるでしょうが、今季はシーズンが進むと1点に泣く試合も多く出てきそうなので。20本塁打を打てる打者を補強、もしくは育成できると、チーム力は格段に上がり、優勝という言葉もより現実味を帯びてくると思いますね。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る