2022.03.25

谷繁元信のセ・リーグ順位予想。巨人と阪神はどっちが上? 連覇を狙うヤクルトの不安は? そして最下位は…

  • 中島大輔●取材・文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Jiji Photo

プロ野球2022開幕特集
谷繁元信 セ・リーグ順位予想

 3月25日、今季のプロ野球が開幕する。昨季のセ・リーグでは、6年ぶりの優勝を果たしたヤクルトと2位・阪神がゲーム差なしというデッドヒートを繰り広げたが、今季は前年以上に戦力が均衡していそうだ。

 勝敗を分けるポイントはどこにあるのか。元中日監督で解説者の谷繁元信氏に、注目の選手を挙げながら順位予想をしてもらった。

   ※   ※   ※   ※   ※

昨年は自己最低の6勝に終わった菅野智之昨年は自己最低の6勝に終わった菅野智之 この記事に関連する写真を見る 【1位予想:巨人】

 6球団のなかで、ジャイアンツは最も戦力補強に動きました。先発陣が少し薄いかなと思っていたけれど、メジャーリーグで実績がある(マット・)シューメーカーと(マット・)アンドリースを獲得。トミー・ジョン手術から復帰した山﨑伊織や堀田賢慎、新人の赤星優志はオープン戦で「行けるのでは」というピッチングを見せてくれました。

 昨季6勝7敗に終わった菅野智之は3月のオープン戦で打たれましたが、春季キャンプでブルペンを見た時、昨年よりいいかなという印象を受けました。ちゃんと先発ローテーションさえ回れれば、ある程度の数字を残すのではと思います。

 打線の爆発力はそんなにないかもしれないけれど、メジャーで実績のある(グレゴリー・)ポランコ、アメリカの独立リーグで2年連続MVPに輝いた(アダム・)ウォーカーを獲得。(ゼラス・)ウィーラーもいますし、打線に外国人選手がひとり、ふたりうまくハマれば、全体によくなるのではと感じています。

 昨年途中に加入した中田翔は、キャンプ後半からオープン戦まで1カ月間ずっといい状態を保ってきました。「体重20キロ増」と報じられましたが、見ていて重そうな感じはしません。昨年のような成績(※巨人移籍後は34試合で打率.154、3本塁打、7打点)に終わることはない気がします。

【2位予想:ヤクルト】

 戦力的にバランスが取れており、連覇を狙う今年もいい勝負をすると思います。ただし、昨年からの戦力アップがあまりないので、レギュラー陣の成績にチームの行方が左右されることになります。