2022.01.13

ヤクルト川端慎吾から妹・友紀が聞いた「ポテンヒットが最高」の理由。日本一への決勝打は「理想だった」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Kyodo News

女子野球・川端友紀インタビュー前編
「妹が語るヤクルト川端慎吾」

昨年、日本一に輝いた東京ヤクルトスワローズ。その立役者のひとりが日本シリーズで決勝タイムリーヒットを放った川端慎吾だ。妹であり、女子野球界のレジェンドである川端友紀は兄・慎悟の活躍をどう見たのか。インタビューした。

日本シリーズ第6戦で決勝打を放つ代打の川端慎吾日本シリーズ第6戦で決勝打を放つ代打の川端慎吾 この記事に関連する写真を見る
ーー友紀さんはもともとヤクルトファンなんですよね。

川端友紀(以下、川端) 兄がヤクルトに入団してから注目して応援するようになりました。その頃は、アメリカへ行く前の青木宣親選手のバッティングにすごく憧れがありましたね。それで、自分が女子プロ入りした時にも、当時の青木選手と同じ背番号「23」にしました。

ーー川端選手の女子プロ入りと同時に、青木選手は背番号「1」に変更し、2012年からはメジャーリーガーとなりました。この間もヤクルト戦は見ていたんですか?

川端
 兄も試合に出ていましたから、ときどき神宮球場に観戦にも行っていたし、テレビでヤクルトの応援はしていました。

ーー兄である慎吾選手は2015年に首位打者を獲得するなど、順調な成長曲線を描いていましたが、椎間板ヘルニアを発症してからは手術、リハビリと困難な時期を過ごしました。この間のお兄さんの様子はいかがでしたか?

川端
 年末年始の自主トレなど一緒に練習する機会も多かったんですけど、腰の手術をする前後や、入院中や手術後のリハビリの話を聞くと、私の想像以上にケガの辛さは大きいんだなって思いました。チームのために活躍したいのに思うように身体が動かない。それは本当にもどかしく、つらくて悔しいことなんだなって感じていました。