2021.12.08

2021年の引退選手でオーダーを組んだら? 投打ともプロ野球を盛り上げた超豪華メンバーがずらり

  • Text by Sportiva

 ヤクルトの日本一で幕を閉じた2021年のプロ野球。今シーズンいっぱいで多くの名選手がユニフォームを脱ぎ、その後の動向にも注目が集まっている。

 引退のニュースが次々と流れてくるなかで、ふと「今年の引退選手でチームを作ったら強いのでは?」という疑問が。それぞれの活躍と成績を振り返りながら、2021年引退選手でオーダーを組んでみた。(引退の情報は2021年12月6日時点)

プロ野球、メジャーでも活躍した松坂大輔 photo by Kyodo Newsプロ野球、メジャーでも活躍した松坂大輔 photo by Kyodo News この記事に関連する写真を見る 【投手陣は"平成の怪物"など実績十分の3人】

<先発・松坂大輔>(西武、レッドソックスなど 41歳/右投)

 先発は"平成の怪物"。第一次西武時代は完投・完封数もリーグ屈指で、WBCでは2度のMVPを獲得するなど「エース」と呼ぶにふさわしい投手だった。

 高卒1年目にして16勝(5敗)を挙げ、新人王、最多勝利などのタイトルを獲得。パ・リーグの投手として歴代最多となる7度のゴールデングラブ賞に輝いている。8年間で7度の2ケタ勝利を記録し、2006年オフにレッドソックスと契約。2007年は15勝(12敗)を記録し、ワールドシーリーズでは日本人投手として初勝利を飾った。

 2008年も18勝(3敗)をマークしたが、翌年からケガに苦しんで勝利数が減少。2015年に日本球界に復帰してからは登板できない時期が続いたものの、ソフトバンクから中日に移籍した2018年に6勝(4敗)を挙げてカムバック賞を獲得し、ファンに勇気を与えた。

 引退後は日本シリーズの解説を務めるなど活躍。指導者の道も含め、さまざまな栄光と苦悩を経験した松坂の今後に注目が集まる。

■NPB通算成績 219登板(204先発)114勝65敗 1セーブ 防御率3.04

■MLB通算成績 158登板(132先発)56勝43敗 1セーブ3ホールド 防御率4.45

<中継ぎ> 大竹寛(広島、巨人 38歳/右投)

 先発のイメージが強いが、巨人がリーグ優勝を果たした2019年に8ホールド、2020年に16ホールドを記録。2017年の最優秀中継ぎ投手(39ホールド)である桑原謙太朗(阪神など)と迷ったが、実働年数、ロングリリーフへの対応なども考えて大竹に。

 2000年代の広島では負け数が勝ちを上回ることも多かったが、変化球を駆使しての「打たせてとる」投球で、2009年には球団記録となる43回2/3無失点を記録。2012年からは2年連続で2ケタ勝利を記録し、FAで巨人に移籍した。移籍後は思うように勝ち星を伸ばせなかったが、キャリア終盤にリリーフで輝きを放った。

 私生活では大のラーメン好きとしても知られ、引退会見では報道陣への差し入れとして、自身の通算の負け数(101敗)と同じ数のカップラーメンを用意。来季は巨人の巡回トレーニング統括補佐として活動するが、持ち前の明るいキャラクターでもチームを支えるだろう。

■通算成績 376登板(266先発)102勝101敗 17セーブ26ホールド 防御率3.77