2021.07.15

松坂大輔、悔し涙で終わったシドニーの427球。人知れず「もがき苦しんでいた」プロ2年目

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Koji Aoki/AFLO SPORT

松坂大輔 オリンピック壮絶秘話(前編)

 それにしても、よく投げてきたものだ。

 春のセンバツで618球、夏の甲子園で782球、NPBで25319球、メジャーリーグで13720球──大舞台でおよそ4万球を投げた『平成の怪物』松坂大輔が、今シーズン限りで現役を引退する、とライオンズが発表した。

 横浜高校でもライオンズでも、レッドソックスでもメッツでも、そしてドラゴンズでも、松坂が見るものの心を震わせた1球はいくらでも蘇ってくる。しかし、この4万球に含まれない大舞台での怪物投手の姿もまた、記憶の中に鮮烈に刻みつけられている。

 それは、日の丸を背負う松坂のピッチングだ──。

シドニー五輪の3位決定戦に先発した松坂大輔だったが、韓国に敗れメダルを逃したシドニー五輪の3位決定戦に先発した松坂大輔だったが、韓国に敗れメダルを逃した  そもそも松坂が初めて日の丸のついたユニフォームを着たのは、14歳の夏のことだった。めっぽう速い球を投げていた丸顔の中学生は1995年、ブラジルで行なわれたIBA(国際野球連盟)主催の「第2回ワールドユースチャンピオンシップ」、いわゆるAAクラス(14歳~16歳)の世界大会に出場していたのである。その時、18名の選手たちが想いを託した寄せ書きに、松坂はこう書き記している。

「最強のエース、松坂大輔」

 しかし、全国のシニアリーグから選抜された18名のメンバーの中にはピッチャーが9人いた。その中の松坂は球の速さでは注目されていたものの、ピッチャーとしてチームのど真ん中にいたわけではなかった。

 そして準決勝進出がかかった台湾戦で2番手として急遽マウンドに上がった松坂は、フォアボールを連発してしまう。45球を投げて被安打は0、与えたフォアボールは5つ、失点6。まさに自滅だった。結局、11-16で台湾に敗れた日本は準決勝進出を逃し、日本は5位に沈んだ。この時の松坂は「最強のエース」にはなれなかった。松坂は当時をこんなふうに振り返っている。

「世界の壁、というものを思い知らされました......」

 そしてその5年後、松坂にリベンジの機会が巡ってくる。